2007年06月26日

PS3 がロケフリになる?

ソニーの株主総会の記事で「ソニー、定時株主総会を開催。「利益を伴う成長へ」(Impress AV Watch)」というのがあり、個人的に気になるポイントがあったので、ご紹介。

-----<ここから一部引用>-----
PSP事業に関しては、SCEの平井一夫CEOが回答。「PSPは、家の中や、野外でゲームを楽しむだけでなく、デジタルカメラとして利用したり、GPS信号を受信して利用するポータブルデバイスとして発展する。ゴルフ場で、あと何ヤード残っているかといった使い方もできる。野外に持ち出して楽しめるソフトやアクセサリーを継続的に開発したり、PS3とPSPをネットでつないで、PS3のハードディスクのコンテンツにアクセスして、野外から楽しんでもらうという使い方も提案する」とした。
-----<ここまで一部引用>-----

注目は…
「PS3 とPSPをネットでつないで、 PS3 のハードディスクのコンテンツにアクセスして、野外から楽しんでもらうという使い方」
という部分。
これって、「LocationFree ロケーションフリー」そのもの。

PS3 が「ロケーションフリーベースステーション」代わりになるかもしれません。

ただし、「ロケーションフリーベースステーション」は、「アナログのTVチューナー」+「ビデオ入力端子」+「無線LANアクセスポイント」+「有線LAN」+「受信機への映像配信」という機能を持っていますが、
PS3 の場合は、LANの機能はあるものの、「TVチューナー」も「映像入力端子」も持っていません。
ロケーションフリーには送信機、受信機という組み合わせで機能し、どちらかというと言うと PS3 は送信側では無く、受信側の性格です。

実際、「DLNAクライアント機能」に対応し、「メディアサーバー接続」を有効にすると DLNAサーバーからの映像などを LAN 経由で再生できるようになっています。(2007.05.24 更新の PS3 システムソフトウェア バージョン 1.80において)

ん?
ということは、「著作権保護で見れないコンテンツ」でなければ、内蔵 HDDに無くても DLNAサーバー( DLNA サーバーになれるNAS とか DLNA サーバーになれるパソコンとか)があれば、PS3が中継機代わりになる?
(未確認なので、これを目当てにいきなり買ったりしないでね。)

既に屋内も屋外も、「リモートプレイ」という機能で PSP は PS3 をリモートコントロールしたり、内蔵の HDD に取り込んだ映像を見ることができるようです。

しかし、DVD や BD(Blu-ray Disc、ブルーレイディスク)の映像は著作権保護のため再生できません。また、「メディアサーバー接続」を有効にしたときの DLNA クライアントでも、DLNA サーバーにある著作権で保護されたファイルは再生できません。

あとはそれ以外にも、何か仕掛け(映像を取り込むTVチューナー的な何か)が今後出てきたりするのでしょうか?

楽しみでもありますが、ちょっと迷走しているような気がして心配です。

それにしても、PS3 って、単なるゲーム機じゃないですよね。ここまでくると。しかもまだまだ進化しそうですし。

posted by yammo(やんも) at 22:27 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧家電(PC・TV・ゲーム他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]
<注意>「匿名」や文章の一部などペンネームや固有のハンドル以外は承認しない場合があります

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45703134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック