2012年09月20日

(あとで読むメモ)マイクロソフトサービスアグリーメント(使用条件)が変更

「法律条項に関する重要な変更について」という仰々しい案内メールが届きました。

"マイクロソフト サービス アグリーメント"
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-live/microsoft-services-agreement

メールを一部引用
-----
ご利用の Microsoft アカウント、および、Hotmail、SkyDrive、Bing、MSN、Office.com、Windows
Live Messenger、Windows フォト ギャラリー、Windows ムービー メーカー、Windows メール
Desktop、Windows Writer など、多くのコンシューマー向けオンライン製品およびサービスを含む、弊社のオンライン
サービスの多くに適用されるものです。
-----
更新された使用条件は、2012 年 10 月 19 日より有効となります。10 月 19
日以降も引き続き弊社のサービスをご利用いただく場合、新しい使用条件に同意いただいたものと見なされます。また、サービスのご利用は、いつでも中止していただくことができます。
-----

特に利用する上で何が変わるということは無さそうですけど、一応目を通しておいた方がいいのかも。

プライバシーに関する情報は「プライバシーに関する声明」という以下のページを参照してねってことらしい。

"Microsoft Online Privacy Notice Highlights"
http://privacy.microsoft.com/ja-jp/default.mspx

専門家同士が交わす契約や法律の条文のようで、一個人の素人が正確に把握するのは難しいというのがパッと見の印象。

posted by yammo(やんも) at 19:10 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット(サービス他)

2011年05月07日

「Appleが地震の寄付を呼びかけ」のブログ記事を読んで。

ブログ「Appleが地震の寄付を呼びかけ |なし好きMacファン」で

「iTunseStoreから寄付できるというのは、iTunseCardできるので気軽にできていいですね。」

とあり、クレジットカードでしか寄付できないので、
「iTunes Store クレジットは利用できず、クレジットカードが必須みたいですよ。」
と補足としてコメントを残させて頂きました。

返信のコメント頂いたのは 3/20 なんですけど気がつくのが遅くなり…(-_-;)汗

私は、クレジットカード登録してなくて、iTunesCard でしか iTunes Store 利用してなくて寄付のページに進んでいったら
「お客様が現在お持ちの iTunes Store クレジットは寄付にご利用いただけません。」
と表示され寄付できないんですね。

それで、クレジットカードからしか寄付できないと判った次第。

お金が回っていくことには違いが無いのに、税制など制度の問題なのか、アップルの iTunes Store の仕組みの問題なのか気になるところです。

posted by yammo(やんも) at 18:55 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット(サービス他)

2006年08月19日

ヤフオク(ヤフーオークション)の全額補償について

読売新聞のネット版によりますと、
ヤフーオークションに登録、出品(販売)していた会社が破産し、
落札者が商品も返金も受け取れ無い為、ヤフーがその全額を補償するようです。

ヤフオク登録会社破産、被害者に異例の全額補償 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

通常の場合は、補償制度により
上限を50万円とした落札額から20%を控除した額(つまり落札額の80%)が、
補償されるとありますが、
今回は、法人としてストア登録されヤフーの審査を通っていることから、
特例として全額補償を決めたということのようです。

Google ニュース 検索「ヤフー、ネット競売の損害を補償」他

今回このニュースを取り上げたのは、
(1) ヤフーに補償制度がある
(2) オークションで通常販売といわゆる競売を一緒に取り扱っている
という2点が気になったからです。

(1) の点について、
クレジットカードのサービスでは、ショッピングでクレジット決済で購入したものに
補償してくれる保険が一般的になっていると思いますが、
他のオークションでも、現在ではこういう補償制度は普通にあるのでしょうか?

Yahoo!オークション 補償制度について
> 落札価格が5,000円以上
> 落札価格から20%を控除した金額
> 補償限度額は、一利用者かつ一Yahoo! JAPAN IDあたり50万円まで

ビッダーズ ヘルプ
"取引補償とは? > 補償規定"
> 落札価格が2,000円以上の取引
> 補償金の額は、1回の事故につき10万円を限度とします。


楽天フリマ ご利用ガイド
"あんしんサポート補償"
> 補償金の限度額は20万円までとなります。

Amazon.co.jp: ヘルプ>注文>Amazonマーケットプレイス^(TM)での注文>Amazonマーケットプレイス ^(TM)保証
> Amazonペイメントを通して商品の支払いを行った購入者に対し、
> 配送料を含めた購入総額のうち、最高¥300,000まで保証されます。

まだ手数料が無料だった昔に、一回だけヤフオクにお世話になったことがありますが、
その頃は、こういうのなかったので、
「そういうこともしてくれるようになった」とちょっと関心しましたが、
いまはどこもその点に関しては力を入れているみたいですね。
引用文は大雑把に拾い出したものですので、
詳しくはそれぞれのサイトを確認してくださいね。


もう1点の (2) について、
ヤフオクがショップの販売を開始したときから感じていたことですが、
オークションと一般販売を「オークション」という場として混成するのは、
利用者、購入者にとってはよくないと思います。
(思い違いや誤解などの面で。)

「競り」には「販売」には無い、目利きや高度な駆け引きが伴いますし。


posted by yammo(やんも) at 18:55 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット(サービス他)